校訓
教育方針
1.教育目標

  『豊かな人間性を培い、自ら進んで取り組む、心身ともに豊かな児童の育成』

2.めざす子ども像

 ○「正しく」・・・基礎学力や学習規律を身に付け、善悪の判断をして行動する児童
 ○「明るく」・・・耐える心や周りの人を思いやる心をもち、自主的に行動する児童
 ○「たくましく」・・・自分にあった目標をつくり、達成に向かって諦めず努力する児童

3.めざす教師像

  一人一人のよさを認めて伸ばす教職員、子どもと共に伸びようとする教職員、自ら指導
 力や資質の向上を図ろうとする教職員をめざす。

4.本年度の学校課題

  学校・家庭・地域の連携の中で、豊かな関わりを促進し、豊かな学力の定着と豊かな
 心の育成を図る。

5.重点目標

(1)学び合い学習を核にした豊かな関わりを基盤に、個々の子どもが学ぶことに充実感を
  もち、確かな学力定着への授業改善を進める。
(2)豊かな関わりを基盤に、自分や他者のよさを前向きにとらえようとする心情・態度の
  育成を図り、心に響く指導を推進する。
(3)家庭・地域との確かな信頼関係の確立、連携強化による開かれた学校づくりを進める。
(4)いじめや不登校問題の解消を図るとともに、一人一人のニーズに応える組織的な特別
  支援教育を推進する。

(5)新しくなった校舎をより有効に活用するため、教育課程の整備を図る。

(6)個々の教職員の授業力、学級経営力、学校経営参画意識の高揚を図る。