2012.01.12 大阪フィルハーモニー公演
・ロッシーニ歌劇「ウィリアム・テル」序曲より”行進曲”で、大阪フィルハーモニーの公演が 始まりました。
・楽器紹介コーナーでは弦楽器・木管楽器・金管楽器・打楽器を紹介していただきました。
 子どもたちは自分たちが知っている楽器を見ると声を上げていました。また、自分が知
 っている曲を聴くと体が踊っていました。
・指揮者体験コーナーは、ベートーヴェン交響曲5番「運命」の冒頭の指揮の体験です。
 代表で児童3人と先生1人が指揮をしました。
 3人ともはりきって指揮をしました。
・打楽器体験コーナーは、ビゼー歌劇「カルメン」より”闘牛士”の演奏の体験です。
 児童の代表が,大阪フィルの方からご指導していただいた後、とても上手に演奏してい
 ました。
・去年の7月5日に大阪フィルワークショップで「翼をください」の練習しました。また、今年
 に入って、朝の会で「翼をください」を練習してきました。そして、本番の日を迎えました。
 大阪フィルハーモニーの演奏で、子どもたちは立派に「翼をください」を歌いあげました。
・ワーグナー楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より”前奏曲”で、大阪フィルハ 
 ーモニーの公演が終わりました。
・児童代表によるお礼のことばと指揮者へ花束贈呈を行いました。アンコール曲の演奏も
 ありました。

戻る