2011.03.17 卒業証書授与式
小雪が舞い散る中,卒業式が始まりました。
5年生につけてもらった紅白のリボンを胸に卒業生が入場してきました。
学級担任からの呼名が始まり、一人ずつ校長先生から卒業証書を、観音寺市教育委員会から卒業記念品をいただきました。
校長先生から、卒業生に対するはなむけの言葉として、相田みつをさんの「道」という詩が朗読されました。
卒業生お別れのことばでは、一人一人が6年間の想いを一言ずつ語り、心を込めて「仰げば尊し」を歌いました。
また、卒業生から、卒業記念品として、テントをいただきました。
在校生が「大空が迎える朝」を歌う中、卒業生は退場していきました。
卒業証書授与式が終わる頃、卒業生の前途を祝うような晴天の空になりました。
下級生に見送られながら、正門をくぐり、中学校へ巣立っていきました。

戻る